プロモーションビデオ(PV)制作に全ての情熱を捧げるバンド

オッケーゴー

OK-GOの新作は無重力で撮影された事で話題になっています。

OK Go – Upside Down & Inside Out

撮影は宇宙ではなく、航空機の自動落下で生まれる無重力状態でやったそうです。

-----sponsored link-----

ロシアの宇宙開発機構の全面協力で行われましたが、撮影費用をペイ出来るのか心配になります。

OK-GOの奇抜なミュージックビデオ

有名なのは目の錯覚を取り入れた
The Writing’s On the Wall
というPVです。

最後にスタッフが出てきますが、
撮影の様子を見る限り
戦場のような慌ただしさとなっています。

スタッフも1つ間違えると失敗になる
ハードな撮影現場である事が解ります。

個人時に好きなのが
Needing/Getting
という曲のPVです。

車を楽器に見立てるというアイディアとなっています。

日本で撮影されたPVもあります。

OK Go – I Won’t Let You Down

実際は1/2のスピードで撮影されていますが、ノーCGです。

自分が若い頃はジャミロクワイに衝撃を受けたものですが、

Jamiroquai-Virtual Insanity(虫が出てきたり、血の表現があるので、いちおう閲覧注意)

もう20年前のPVとなります。

年を取りました。

日本だとMTVを見るような
視聴習慣が無いため、
邦楽のPVはどうしても手抜きになりがちです。

しかし、動画サイトで音楽を聞く時代
になるなら力を入れるアーティストも
出てくるのではないでしょうか。

-----sponsored link-----