読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の感想です

ギャンブル生活者であるメタボ教授が働かずに生きて行く様子を伝えるブログ

10月からあの「クイズタレント名鑑」が復活するので動画で振り返る

クイズスター名鑑

10月の日曜夜7時から「クイズスター名鑑」という番組が始まります。

この番組は2012年まで放送されていた「クイズタレント名鑑」の後継番組です。

クイズとは名ばかりで、あまりにも前衛的な企画が多すぎたため、視聴率が取れず打ち切りとなりました。

しかし、お笑いバラエティ好きからは評価が高く、復活を望む声が多かった番組です。

今回はクイズタレント名鑑の迷場面(名場面)を振り返ります。

追記:はてなブログだと重すぎるみたいです。 うまく表示されない場合は何度かリロードしてみて下さい。

ありがちな企画内容

ですが、悪意を放り込んで来るのがこの番組の特徴です。

検索ワード連想クイズ

とある芸能人を検索されるのによく使われるワードが提示されます。

それを見て誰かを当てるクイズです。

 

 

クイズスター名鑑の初回はこの企画になると予想します。

 

自称そっくりさんクイズ

街にいる一般人に「自分が似ていると思う有名人」を聞いて、それを当てるクイズです。

ネットがざわついたのは、下の動画の最終問題に出て来た人です。

 

 

カラオケ歌われるまでかえれません

一発屋のミュージシャンを集めて、「カラオケ店で持ち歌が客に歌われるまで帰れません」という他局でありそうな企画です。

それだけだと普通のバラエティ番組になるわけですが、クイズタレント名鑑は堂々と「仕込みの客」を登場させます。

仕込み客としてカラオケを歌っているので、ゲームの結果に影響するような曲は選ばないのですが、カメラが回っている中でやりたい放題歌って話題となりました。  

 

あと、この回の参加ミュージシャンは9人となっていますが、実際はもう1人居ました。

元XJAPANのTAIJIさんだったのですが、オンエアー直前にサイパンで逮捕&自殺してお亡くなりになっています。

本来ならお蔵入りになってもおかしくないのですが、CGで消してオンエアーしました。

f:id:metabopro:20160830031416j:plain

右側の席に不自然なスペースがあります。 

 

ガチ相撲

大相撲が八百長問題で休止になった時に「今こそ相撲をすべきだろ」と有名格闘家や力自慢の芸能人を集めてトーナメントを行いました。

そんな中、異彩を放ったのが、HAJIME33号です。

 

f:id:metabopro:20160830002525j:plain

まあラジコンで動くロボットなんですけど。

 

もちろんあっさり負けます。

f:id:metabopro:20160830002523j:plain

 

それとトーナメント参戦をかけた相撲バトルロワイヤルも面白かったです。

10人の芸人が島全体を土俵に見立てて、最後の一人になるまで相撲を取るという企画で、お助けアイテムの使い方が勝敗の分かれ目となりました。

 

トランプマンチャンス


642 投稿者 yukigafuru

決して喋らないマジシャン「トランプマン」が足つぼマッサージを受けたら声を出すか出さないかを当てるクイズ。

問題作

「モノマネ芸人居る居ないクイズ」の7回目は番組史上最大の物議をかもした問題作でした。

モノマネ芸人居る居ないクイズとはパネルに書かれた16人のモノマネ芸人の名前の中から本当に居るモノマネ芸人を当てる企画です。

ところが、過去このクイズに出演していて「存在するのが確実」なモノマネ芸人も居ます。

その一人がGOピロミです。

回答指名権は、おぎやはぎチームが収録前からネット予約しているため、他のチームは指名出来ないお約束となっています。

そのため、おぎやはぎチームが圧倒的に有利なクイズなのですが、第7回は想像の斜め上を行く結末が待っていました。

 

 

バラエティだと思ったらドラマだった、ドラマだと思っていたらとんだ茶番だった

最後テロップにあるように「GOピロミは死んだので、おぎやはぎチームは不正解」という結末となります。

 

クイズタレント名鑑の視聴率が悪かった原因は「番組名と企画内容が地味」だった事にあると思います。

ラテ欄を見れば内容がほぼ解る昨今の「予定調和のバラエティ」とは一線を画す番組構成でした。

「何が起こるか想像もつかないワクワク感」こそがTV本来の面白さであり、この番組の評価が高い理由です。

当然今回の「クイズスター名鑑」もやりたい放題の番組になるはず。

10月からの日曜夜7時に注目したいと思います。 

 

金崎夢生選手の激怒事件動画を見てハリル監督に思うこと

いよいよ2018年サッカーワールドカップのアジア最終予選が始まります。

ところが昨日、こんな報道が流れてきました。

www.sponichi.co.jp

ハリル監督はアントラーズの金崎夢生(かなざき むう)がリーグ戦で見せた態度が気に入らなかったそうです。

バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は当初は構想に入っていたFW金崎夢生(27=鹿島)を所属クラブでの問題行動を理由に無期限で“追放”することを明言。和を乱す選手に厳しい態度を示すことで、6大会連続のW杯出場を目指すチームの引き締めを図った。

 規律を重視するハリルホジッチ監督が、問題行動を見過ごすはずがなかった。代表発表会見でリストに掲載されていない金崎の名前を自ら切り出し「リストに入っていたが、日本代表の候補があのような態度をとってはいけない。彼の態度は私には受け入れ難い。A代表の基準には達していない行動」と痛烈に批判。「この先のことは全く考えていない」と無期限で代表から追放する方針を打ち出した。

 問題行動が起きたのは20日の鹿島―湘南戦。途中交代にブチ切れた金崎は、石井監督の手をはねのけて握手を拒否。指揮官に怒声を浴びせた。試合翌日に謝罪したが、目に余る激高ぶり。11年にはU―21日本代表の練習中に柴崎と口論になり、つかみ合いになった過去もある。精神的な未熟さがA代表にふさわしくないと判断された。

どんな感じだったのでしょうか。

実際に動画を見てみた


金崎夢生 激怒 怒る 監督 喧嘩 鹿島vs湘南 2016/8/20(土)

f:id:metabopro:20160826162657p:plain

うん、激怒していますね。

 

しかし、この手の問題は「激怒したから駄目」では無く、激怒した理由を正しく調査する必要があります

どんなスポーツでも無能な監督なんて沢山居るわけですから、外部の人間が「100%選手が悪い」と判断するのは間違いです。

 

例えば野球でもヤクルトスワローズのオンドルセクがブチ切れした件がありました。

オンドルセクは謝罪の意志を見せるものの、最終的には退団となります。

ヤクルト首脳陣とオンドルセクとの間でどういう話し合いがあったかは解りません。

しかし、結果としてオンドルセクは契約解除後すぐにメジャーのオリオールズと契約します。

職場が変われば人間関係も変わって、上手く行くこともよく有るわけですから、オリオールズの判断は正しいです。

 

監督からすれば「和を乱す選手は使わない」という方針は何も間違っていません。

しかし、その一方で選手に和を乱さないように指導するのは監督の仕事です。

 

金崎がハリル監督を批判したのなら干して当然ですが、和を乱す可能性があるだけで除外するのはおかしいと思います。

極端な見方をすれば、監督の仕事放棄です。

 

本田圭佑は?

本田圭佑もミランの監督&チーム批判をして大問題となりました。

マスコミを通じて批判したわけですから、チームの和を乱すという観点では金崎よりもはるかに悪質です。

ハリルは何故、本田を代表に呼ぶのでしょうか。

 

もちろん実力からすれば本田は呼んで当然の存在です。

それにミランと日本代表とではチームが違いますから、問題ないのは当然だと言えます。

ただ、ハリルは「和を乱す選手は使わない」と口に出して特定個人を批判した以上、一貫性は保つべきでしょう。

 

別に金崎を日本代表で使えとは言いませんが、落選の理由をベラベラ述べてしまうと必ず何処かで矛盾が生じます

それが原因でチーム内や協会内で不協和音が起こる可能性だってあるわけです。

名監督はそこの所をきちんと理解していますので、余計な事を一切しゃべりません。

 

ハリル監督には急遽来て貰った経緯がありますし、今から現代的な考え方に改めるようなキャリアや年齢でも無いので仕方ありませんが、次の監督の人選はしっかり考えて欲しいものです。

すき家で最も辛い「アラビアータ牛丼」は意外にも美味しかった

美味しかった

はい、久々の食レポです。

すき家史上最も辛い「アラビアータ牛丼」というのが発売されたのでお持ち帰りで買ってきました。

価格は並盛りで490円となります。

アラビアータとは一体何ぞや?

と思ってググるとイタリア料理の唐辛子を利かせたトマトソースとのこと。

 

見た目は

こんな感じです。

f:id:metabopro:20160824164834j:plain

確かにイタリア料理でよくある匂いがします。

 

ただ、すき家史上最も辛いと謳っているだけに辛くないという事は無いはずです。

 

メタボ教授は覚悟を決めます。

f:id:metabopro:20160824164840j:plain

この食レポも危険日濃厚

実食

まずはそのアラビアータ部分だけを食べます。

f:id:metabopro:20160824164839j:plain

 

よせばいいのにと思いますが、まあお約束ですからね(´・ω・`)。

 

いざ口に入れるとそんなに辛くありません。

 

アレ?こりゃ普通に食べられるぞ?

と思った矢先に後から来るパターンです。

 

例えるなら
リオオリンピックの400Mリレーで、最後のバトンを受け取ったケンブリッジ飛鳥が
「アレ?こりゃ金メダル取れるぞ?」
と思った矢先にボルトが本気を出す、そんな辛さだと言えます。

http://livedoor.4.blogimg.jp/kaikaihanno/_f/image/00007909.gif

お味は?

アラビアータ単体で食べると流石にアレでしたが、牛丼と一緒に食べるとなかなか美味しいです。

アラビアータは単に辛いだけではなく、トマトソースの旨味があります。

それがすき家の牛丼によく合うのです。

個人的にすき家の牛丼は肉の旨味が無い印象ですが、アラビアータと合わさる事により誤魔化しが効いています。

辛いのが苦手じゃ無ければオススメです。

アドセンスの個数制限が撤廃されたが収益は改善するのか?

今まで一部のメガサイトにしか出来なかった「アドセンスを4つ以上貼れる権利」ですが、この度、我々ヘボブロガー達にも開放されました。

 

affiplus1.com

 

f:id:metabopro:20160822172244p:plain

6つ貼れば広告収入が2倍だあ(^o^)

とならない事は

皆様ご承知かと思います。

 

最適な広告配置

が出来ていれば、別の場所へ新たに広告を置いても効果は薄いです。

 

ちなみに、このブログの場合は

記事中に2箇所

記事終わりに1箇所

広告を入れさせて頂いております。

 

はてなブログの記事中に広告を入れる方法はこの記事を参考にして作りました。

uxlayman.hatenablog.com

 

記事終わりに広告を入れる方法はこの記事が参考になります。

chipspd.hatenadiary.jp

 

ワードプレスの方は 「Quick Adsense」と「AdSense Manager」

の2つのプラグインを使っています。 

話の本題

私は長文記事をなるべく書かないようにしています。

「情報」や「自分の考え」をコンパクトに伝える事が読者様の満足につながると考えているからです。

というのは建前で、本当は長文を書くとアドセンスのアクティブビュー視認率が下がるという理由もあります。

アドセンスの理想の配置は「最上部」・「記事終わり」・「ユーザー離脱ポイント」だとしたら、記事が長ければ長いほど離脱ポイントが分散化されてしまうのです。

自分は縦長の記事になる場合、そこをnendの広告で埋めていました。

それがアドセンスで埋められるようになるのは一見朗報のように見えますが、問題は広告単価です。

広告単価が下がる?

アドセンスはオークション形式なので、全体の広告枠が増えれば増えるほど単価が下がります。

近年youtuberの単価がどんどん下がっているのは、参入者が増えるにつれ広告枠の数も増えているからです。

一方、僕のメインブログの分野であるパチスロは、ブログの数も読者の数も全体的に減っていますので、RPMは少しずつ上がっています。

 

アドセンスの上限が撤廃されて、他社の広告をアドセンスに変えた場合は、全体の単価が下がるはずです。

 

いつも長文を書いているブロガーさんには今回の決定は「朗報」ですが、私のような薄っぺらい記事を書くカスブロガーには「悲報」となります。

 

記事中に無理矢理広告を増やしてもページレイアウトアルゴリズムに引っかかる可能性があるので、下手な小細工は出来ません。

とりあえずこのブログのフッターに新しく広告を入れてみたものの、アクティブビュー視認率は悪く、収益向上にはつながらなさそうです。

 

皆様もブログの広告配置や記事の長さを見直す機会だと思います。

個人的には当面今のスタイルで続けるつもりですが、あまりにも広告収入が下がると考えなおすかもしれません。

グーグルが掲げるSEOの基本「コンテンツイズキング」は終了へ

ブログ初心者

ここ数ヶ月でグーグルの検索順位に大きな変動がありました。

自分の手持ちブログは何個かありますが、上がったり下がったりまちまちです。

ホワイトハットSEOで運営しているブログが下がるケースもありましたし、ブラックハットSEOでやっているブログが上がったケースもありました。

 

順位変動を研究してみると

www.anizm.xyz

この記事で考察されている通り、自分がやっている分野でもキュレーションサイトや2CHまとめの躍進が目立ちます。

SEOが良く解らなくなった人が沢山居るのは間違いありません。

オリジナリティーは必要ない

まずSEOの基本中の基本として、「オリジナリティは悪」です。

検索している人は検索の答えを求めているだけですから、そうなるのは必然だと思います。

 

同じタイトルタグの記事が10サイトあったとしましょう。

その内9サイトが同じような内容の記事で、1サイトだけオリジナルの内容だった場合、トップは必ず同じような内容のサイトの中から選ばれます。

ゆえに2CHまとめサイトが上位に来るのは自然です。

 

ただ、オリジナルの内容を書くサイトの方が被リンクは付きやすくなっています。

一方コピペブログ群は同じようなコンテンツですからナチュラルリンクが分散されやすいです。

 

そのため今現在は被リンクの評価をほぼ0に調整しているような気がします。

 

外部リンクが完全0のブログでも上手くやれば

f:id:metabopro:20160818222919p:plain

こんな事が可能です。

ブランド力

コンテンツイズキングの時代は終わり、次はブランドSEOだと考える方もいらっしゃいます。

www.wakatta-blog.com

ただ、ここで問題となるのは「ブランドの評価方法」です。

 

例えば僕のメインサイトである

metabopro.com

は、ナチュラル被リンクの多さで言えばパチスロ分野だとトップクラスです(自分で言うのも何ですが)。

でも検索順位はそこまで高くなく、2CHまとめに負けることも多々あります。

 

ソーシャルでのバズも検索順位に影響した記憶がありません。

はてブでバズった経験が無いのでそこは語れませんが、ツイッターだと下記の記事でバズりました。

blog.metabopro.com

記事公開の1週間後にバズり、3日間で約4000人の訪問となります。

ツイッター経由では過去最高の数字です。

それでも検索順位に動きはありませんでした。

ツイッターにはnofollowタグが付いているので当然と言えば当然なのですが、SNSでの拡散こそが正確なブランド力を測るのに手っ取り早い指標だと思います。

グーグルがツイッターでの拡散を評価していないのは今も昔も変わらないようです。

 

そもそも、グーグルはブランド力を評価するような実力が備わっていません。

僕がやっているようなギャンブル系の分野だとグーグルの中の人は全く知らないわけです。

グーグルの社員が目視で確認しても、どのブログにオーソリティがあるのかよく解らないでしょう。

本来ならWIKIみたいに専門家の目視で検索の質を保つべきですが、グーグルはそういう事をしないので、検索結果の質が一向に上がりません。

実際競馬の分野だと、アフィの文章だけで中身0のブログが上位表示出来ています。

 

もし仮にブランド力を正確に評価出来たとしたら、不特定多数の人が書いている2CHまとめやNAVERまとめが上位表示される事はないはずです。

 

結局の所、検索順位は量的なモノと閾値の範囲内で決まります。

沢山の読者を抱えているサイト、コピペだろうがコンテンツ量が多い記事が有利です。

ただ、ペナルティの対象となる閾値に引っかかるとアウトとなります。

SEOって、それだけです。

 

もし、個人ブログが大手相手に戦うなら、情報のスピードが重要となります。

最初に更新してしまえばトップなわけで、沢山の人に見てもらう事が可能ですから。

言ってしまえば、それがトレンドサイトの手法です。

トレンドサイトはグーグル社員が目視で判定して除去していると言われています。

言い換えればグーグルアルゴリズムの欠陥です。

 

もちろん今後対策されるでしょうが、最近のグーグルの検索順位の変動を見ている限り「迷走が続いている」状況だと思います。

そのため、あまりSEOを意識せずにブログを書くのが一番です。

オリンピックをこう改革すればもっと面白くなる

ロンドンオリンピックも1分も見ずに終わりましたが、リオオリンピックも見ずに終わりそうです。

サッカーとかゴルフとか興味があったものの、予定が合いませんでした。

f:id:metabopro:20160814194448p:plain

 

僕自身は「オリンピックはアマチュアスポーツの祭典」であって、TV中継をありがたがって見るものでは無いと思っています。

プロスポーツとしてやっていけないから、アマチュアスポーツなのです。

スポーツとは「選手同士の競争」でありますが、「スポーツ間の競争」というファクターも存在します。

世界では新たなスポーツが次々開発され、その一方で消えていくスポーツもあるわけです。

注目度の奪い合いに勝利したスポーツだけがプロとして生き残れます。

 

いちおう誤解の無いように言っておきますと、競技の質が「プロスポーツ>アマチュアスポーツ」であって、選手の質はプロスポーツもアマチュアスポーツも大きく変わりません。

オリンピックに出る人は、もの凄いアスリートばかりです。

4年に1度しか注目されないのは勿体無いと思います。

 

そもそも毎回開催地を変えて運営する事自体がムダの塊です。

開催地は1箇所固定で、毎年開催すれば効率的だと言えるでしょう。

オリンピックが人気の理由

メタボ教授が考える「人気スポーツの3大要素」は

・見た目が非日常的で華やかなプレー

・緻密な戦術性

・帰属意識の喚起

となります。

オリンピックは当然「帰属意識の喚起」で成り立っているスポーツです。

 

日本人が世界相手に挑戦するから注目度が高いわけ。

でも自分のように「友達が出ていたら応援するけど、全く知らない人を応援しても・・・」と思う人も居るはず。

 

オリンピックの最大の問題点は、金メダルを取って名前が有名になっても4年後引退しているケースが多い事です。

毎年開催して、日本人選手だけではなく海外のライバル選手の特徴まで解ることが出来ればより深く楽しめます。

求められる新競技

オリンピックは毎回競技を入れ替えています。

今回はゴルフが入りました。

東京オリンピックでは野球が復活する事も決まっています。

そういった、プロスポーツに頼るのも興行面を考えれば仕方ないです。

 

ただ、アマチュアスポーツでも人気が出そうな競技が日本にあります。

それはSASUKEです。

f:id:metabopro:20160814200637j:plain

SASUKEは純粋なスポーツとして見た場合、かなりのポテンシャルを持っていると思います。

あれをバラエティ番組の感覚でやっているTBSの方針が残念です。

ベイスターズ砂田投手「彼女をやり捨て炎上事件」に思う事

プロスポーツ論

横浜ベイスターズの期待の若手、砂田毅樹投手の問題行動?が物議を醸しています。

彼女を名乗るツイッターから妊娠報告と次のような発言がありました。

f:id:metabopro:20160810143852j:plain

f:id:metabopro:20160810144703j:plain

砂田は野球だと炎上しないピッチャーなんですがね(・∀・)。

砂田投手は育成出身でまだお給料も安いですが、ベイスターズの高田GMが「怪我が無かったら、育成では指名出来ないレベルの逸材」と評していたように将来を期待されている若手ピッチャーです。

 

意見は様々あると思いますが

もちろんこれに対して、
「男として逃げるなんて最低」
「こんな事をSNSにUPする女の方が問題」
「砂田の子を妊娠したかどうかも怪しいのでDeNA鑑定しろ」
など様々な意見があります。

 

ツイートは先程削除されて事実関係が明確じゃないので、はっきりとは言えませんが、砂田投手は軽率過ぎたと思います。

 

例えばアメリカの高年俸スポーツ選手の中には、結婚せずに子どもの認知だけして養育費を払う人も居ます。

高年俸を貰っている選手は結婚し離婚すれば慰謝料がありえないレベルで高くなるので、「結婚をしない方がいい」という変わった国です。

 

日本だってジャイアンツの原元監督が不倫をもみ消すのに1億使ったと話題になりました。

要はスポーツ選手の火遊びはそれだけお金がかかるわけですから、砂田投手の実績と年俸だと10年早いわけで、もっと野球に情熱をかけろという話です。

 

 

モテる男は羨ましい

と言いつつもモテる男は羨ましいと思います。

砂田投手は霊長類最強のメスからも逆ナンされる人気っぷりです。

期待の若手とは言え1軍・2軍を行き来する現状で、セリーグの試合を見ている野球ファンくらいしか名前を知らないはずです。

ベイスターズファンじゃ無ければ砂田と石田の区別もついてない可能性がありますし。

それだけ、野球選手ってモテるわけですね。

 

自分も生まれ変わったら野球選手になりたいです(今世でモテるのは諦めました)。