間もなくワールドベースボールクラシックが開幕します。

しかし、侍ジャパンは強化試合で負け越しと良くありません。

短期決戦なのでペナント優勝相当の勝率55%~60%では駄目です。

他チームと圧倒的な差を付けないと1ラウンドで敗退の危険性があります。

今回のサムライジャパンは何故弱いのでしょうか。

-----sponsored link-----

大谷の仮病?

チート大谷翔平選手が居ないのはもちろん戦力ダウンです。

来年メジャーへ移籍するため、既にアメリカの球団と交渉していて仮病を使っているのでは?

という見方もされています。

確かに報道を見る限り、かなり怪しいです。

大谷選手は右足を怪我したとありますが、最初

「投手辞退」

とあります。

痛めた箇所はヤルビッシュのツイートによると三角骨です。

三角骨は足首の上下の動きに影響する骨です。

右投手の場合、右足は軸足となります。

軸足の動作により右足の内側を痛めるピッチャーはたまに居ますが、三角骨の怪我なら右足を前に出して踏ん張ったり、ベースまで走るバッティングの方が影響あるはずです。

怪我をしたのは間違いないと思いますが、日ハム側が「投手辞退で打者なら出しますよ」と言ってしまったのがまずかったと思います。

NPB側が不審に思うのは当然です。

同じ日ハムだと中島選手も辞退しています。

彼は坂本選手をサブに押しやってでもスタメンで使うべき選手です。

中島選手はストライクのボールをカットしてファールにする事が得意としています。

粘って粘って四球を奪いに行くタイプです。

これは非常に効果的だと言えます。

よくピッチャーが「ピンチの場面があると疲れる」と言いますが、それは精神的なモノではありません。

ピッチャーが同じ100球を投げるにも、7イニングで100球と3イニングで100球とでは後者の方が疲れます。

2時間で100球投げるのと1時間で100球投げるのとが一緒の疲労度なわけありませんよね。

それを理解してない選手や監督も多いです。

ファールで粘るというのは卑怯ではありますが、そういった打者をスタメン1番バッターに置くのは野球における最強の攻略法です。

泥臭い野球にはなりますが、中島選手は侍ジャパンにおけるボーダーライン上の選手ではなく、スタメンレギュラークラスの選手だと言えるでしょう。

日ハムはモラルよりもお金が全ての球団ですから侍ジャパンに協力的では無いのでしょうけど、侍ジャパン側やマスコミが中島選手を適切に持ち上げておけば早々に辞退する事も無かったと思います。

監督の問題

やる人が居ないから消去法的に小久保監督という話みたいですが、それなら前年の日本一の球団の監督にやらせればいいです。

栗山監督にやらせれば日ハムも選手を出さざるを得ないでしょうし。

1つ前の世界大会である「WBSC世界野球プレミア12」で韓国に負けたのは小久保監督の明確なミスです。

世間では大谷選手を降ろして則本選手につないだのはミスとか言っていますが、それは結果論であり敗因ではありません。

則本投手のそれまでの出来からすれば間違いでは無かったと思います。

小久保監督の明確なミスとは
あらかじめ「大谷→則本→松井」と継投のメンバーをマスコミに発表していた事です。

そんなことしたら対策されるに決まっています。

事実、則本選手のチェンジアップが狙われて連打されました。

国際試合の短期決戦ですから、誰が出てくるか解らないだけでも相当なアドバンテージとなります。

このゲームを解説していた某球団の元監督は、韓国が継投で出してきたピッチャーを全然解説出来ていないのに、後日大谷を降ろした事を批判していました。

開いた口が塞がりません。

今回は投手コーチが権藤さんなので、そんな大チョンボをさせないと思いますが、ここまでの小久保監督の采配を見る限り、調子が悪い選手を使い続けて自滅するのが見えています。

WBCは今回で終わるべきか

最初から「日本だけしか盛り上がってない」WBCですが、その日本でも盛り上がりがイマイチです。

日本の野球ファンとしては、普段見ることが出来ないダルビッシュ選手や田中将大選手の投球を見たいわけですが、メジャー側がサッカーの国際Aマッチのように強制招集制度を導入しない事には何も始まらないでしょう。

3月にやるなら日本のオールスターみたいに「辞退者は10試合出場停止」くらいのペナルティはあっていいと思います。

そもそも3月にやるのはNFLのシーズンオフが理由だと思いますが、ジャパンマネーで運営しているような大会なので11月の開催でも収益は変わらないはずです。

今回の侍ジャパンはNPBのベストメンバーでもありませんが、他国もベストメンバーでは無いのでチャンスはあると思います。

ただ、日本以外では盛り上がらないというのは既に確定しているため、存亡論が出てくるのは当然です。

こればかりは主催者であるメジャー側にルール整備して貰うしか道は無いですが、止めたら止めたで日本側が同じような大会を開けばいいだけですから、そこまで悲観する事も無いと思います。

追記:大会のまとめ記事書きました。
侍ジャパンのアメリカ戦敗因は采配とキャッチャーの差

-----sponsored link-----