スカパーがJリーグ中継から撤退するそうです。

日刊スポーツ様より引用

スカパー! は15日、07年から続けてきたJリーグの放送から撤退すると発表した。
公式サイトに「2017年シーズン以降の放映権を獲得した会社と、これまでどおりスカパー! で放送できるように交渉を続けてまいりましたが、成立に至りませんでした。
(中略)
Jリーグ戦の放送予定がないことに伴い、Jリーグ関連セットは、1月末をもって終了とさせていただきます」などとした文書を掲載した。
スカパー! などとJリーグは、07年から年間約50億円の契約を結び、スカパー! はオフィシャルブロードキャスティングパートナーとしてJ1、J2全試合を生中継していた。
今年7月に、Jリーグが英動画配信大手パフォーム・グループと、来年から10年で約2100億円の大型契約を結び、パフォーム・グループが提供するスポーツのライブストリーミング(動画視聴)サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」内でJ1、J2、J3の全試合が生中継されることが決定。
スカパー! は、パフォーム・グループから放送権の再許諾を受けて放送する、サブライセンスを目指して交渉していたが、成立しなかったとみられる。

ネットとCS中継権利の両方をパフォーム・グループが取得したわけですが、スカパーの客を引き抜こうとしているのにサブライセンスを与えるわけありません。

そのため撤退は既定路線だったのですが、本日正式に決まりました。

-----sponsored link-----

ダゾーンは詐欺

今後のJリーグはパフォーム・グループ社の「ダゾーン」というプラットフォームで配信されます。
以前にも記事にしました。

ダゾーンの価格や視聴形態に日本市場での勝算はあるのか

記事に追記して紹介したのですが、実際契約した人が言うには詐欺みたいなサイトだそうです。

jets94.com

もう色々有りすぎて要約しにくいのですが、

・プレスリリースにかかれていたコンテンツが配信されない

・全試合放送と書かれていたのに一部試合しか放送されない

・嘘の告知は証拠隠滅ですぐ消える仕様

・退会のボタンが存在しないのでお試し期間終了後に辞められない

要約しただけでも満貫ですが、実際は数え役満クラスの詐欺サイトです。

消費者センターは何をやっているのでしょう。

f:id:metabopro:20161215174836p:plain

Jリーグ側には本当に10年で2100億円入ってくるのか心配した方がいいと思います。

一説によれば「2100億円がボトムライン」という話も出ていますし、「2100億円が天井であって実際は少なくなる」という話も出ていますが本当の話はどうなのでしょうか。

Jリーグ側はもう一度契約書を読んで詐欺仕様なら訴えて解除した方がいいです。

ネットでスポーツを見るなんてまだ先の話

インターネットでスポーツ中継をした場合、選手の情報や試合の成績など「データ放送の充実」が可能です。

そういう意味では将来的にネットへ移行するのが正解ですが、まだプラットフォームが整備されていません。

インターネットの普及率はここ数年飛躍的に伸びましたが、それはスマホやタブレットによるものです。

スマホやタブレットを片手にスポーツ中継を見ても疲れます。

2時間見続けるのは無理です。

PCなら問題なく見れますが、日本における家庭普及率は約30%となっています。

現実的な手段はスマホをテレビにつなぐ事です。

今でもやろうと思えば出来ますが、公式的な使い方ではありません。

それをやっても、スマホをいじりながらの観戦は不可能となります。

そういった問題が解決されてから「ネット中継」に完全移行すべきです。

しかし、このタイミングで移行してしまうとスカパーでJリーグを見ていた人には全然満足出来ない視聴環境となります。

ダゾーンにはネットでの放映権だけ売れば良かったのに、金に目がくらんでCSなどの放映権も売っちゃったわけ。

責任者はサッカー協会か電通か知りませんが、きちんと腹を切るべきだと思います。

それくらいの大失態です。

責任を取りたくないなら、今からでも遅くは無いので詐欺会社と手を切りましょう。

-----sponsored link-----